ライターカレッジのビジョン

「多様な働き方を応援したい」という思い

 

「フリーランスとして働きたい」

「在宅で出来る仕事がしたい」

「文章を書くことを仕事にしたい」

ライターカレッジは、そんな思いを持っている人たちを応援します。

「実践Webライター講座 デビューコース」では、単にノウハウを教授するだけでなく、当講座を受講した人たちがWebライターとして継続的にライティングの仕事をできるようにサポートしたいと考えています。

Webライティングの知識・スキルを身につけることは誰にでも可能です。

それなりの努力や練習は必要ですが、反復・継続すれば誰でも文章力はアップします。

しかし、Webライターとして仕事をしていくためには、仕事を探して獲得するという次の関門が待っています。

「せっかく実力をつけたのに仕事を獲得できなくてあきらめてしまう」

「良いクライアントと巡り会えない」

といった理由により、Webライターとしての活動を継続できない人もいます。

知識とスキルがあるのに、とても残念なことです。

 

「Webライターとしてデビューし、継続してもらいたい」というのがライターカレッジの思い。

Web記事を書いてプロとして活動し続けるために、ライターカレッジでは修了生たちに仕事を依頼できるよう準備を進めています。

ライターとして活躍している女性

記事を執筆できる場を提供します

 

ライターカレッジでは、すでにいくつかのメディアを運営していますが、今後さらにメディア運営を本格化していきます。

「実践Webライター講座 デビューコース」を受講し、一定水準のレベルに達した人には、継続的に執筆を依頼したいと考えています。もちろんライティング費をお支払いします。

当面は副収入程度の金額しかお支払いできないかもしれませんが、メディアを成長させることで、徐々にお支払いできる金額も増えていく見込みです。

また、将来は、各メディアの運営や編集長、実践Webライター講座の講師などもお任せしたいと考えています。

 

「フリーランス」や「在宅ワーク」は、時代や社会情勢、家庭環境の変化にも柔軟に対応できる働き方。

ライターカレッジでは、多様な働き方の実現を応援します。

 

© 2020 実践Webライター講座 デビューコース(通信講座)